介護施設の種類と入居基準

高齢者が増え続けていることから、介護施設も種類が豊富になって増えてきています。よく聞かれるのが特別養護老人ホームや有料老人ホームですが、特別養護老人ホームは公的施設なので比較的リーズナブルな費用で入居することが出来て、入居待機者が多くてすぐに入居することは難しい場合が多いです。他に公的施設にはケアハウスや養護老人ホームなどがあります。有料老人ホームは健康型や住宅型と介護付き有料老人ホームと種類があって、完全に自立されていて自由で快適な老後を過ごしたい方は健康型有料老人ホームを選ばれます。外部からの介護サービスを受けて常駐する職員がいないのが住宅型有料老人ホームで、圧倒的に多いのが介護付き有料老人ホームです。認知症があっても医療依存度が高くても入居可能なのが特徴で、常時医療措置が可能だったりアクティビティも充実していることから、入居される方は様々です。また、認知症がある場合には認知症の方のみが生活することが出来るのがグループホームです。種類はたくさんありますが、将来的なことを見据えて介護が必要になった場合や医療ケアがどれだけ充実しているか、見学や説明を聞きながらいくつかの施設を比較して選ぶことをおすすめします。

↑PAGE TOP